2005年12月01日

人には向き不向きというのがある

 人の向き不向き




 よく仕事を選ぶから、就職できないとテレビなどでコメンテーターが批判していることがあるが、この人はわかってないなと思うのさ。
 人には向き不向きというのがある。
 例えば、人と話すことがいやな人がセールスをやれるわけがない。
 セールスにはノルマというものがあるので、ノルマにつぶされないだけのタフさを持っていなければいけないのだ。
 選ぶのではなく、その人ができる仕事がないというほうが正しいだろう。
 仕事があっても競争が激しくて勝ち残れないのだ。
 また能力があっても、年齢でふるい落とされる。 
 そういうことだと思う。
 こういう現状にどう対処するかは自分で考えるしかない。
 そのために知恵が必要になるのだ。
 徹底的に考えて自分の入っていける隙間を見つけるしかないのだ。
posted by hagibosi at 19:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。